就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. そもそもインターンシップとは
手帳

そもそもインターンシップとは

インターンシップとは何?

大学生を中心に、学生が就業体験をすることが出来る機会を、インターンシップと呼んでいます。
インターンシップを設けている企業は多くあり、応募をして通ることで、気になる企業で数日間働くことが出来るでしょう。
働く期間は企業によっても異なりますが、長期休みを丸々と利用したインターンシップもあれば、数日間、数週間限定で行われるインターンシップもあるようです。

そんなインターンシップですが、日本語で言うと、職業体験制度のことを指します。
一つの企業しか受けられないということは無く、様々な企業のインターンシップを受けることが出来ますので、色んな職業を体験することが出来るでしょう。
近年では、このインターンシップを単位として考えている大学も多く、学生の中では、積極的に取り組んでいる学生が多くいます。
授業そっちのけで、インターンシップ巡りをして、様々な企業を体験しているという学生も、少なくありません。

インターンシップを企業がやる目的はただのボランティアではない

インターンシップを企業が積極的にやる目的は、ただ学生のためのボランティアの場所を設けているわけではありません。
主にこれらの理由があげられます。

まずは、新卒者の下見が出来る点があげられます。
新卒者でどのような子が自分の会社に興味を持ってくれているのかどうか、どんな子が入る可能性があるのかを見ることが出来る点が、大きな理由でしょう。
また、どのくらいの人数が集まっているかによっても、求人情報の見通しをつけることが出来ますので、その点を考えてインターンシップを行っている企業は少なくありません。

次に、職場に活気が溢れるという点があげられます。
まだ初々しい若い世代が現場に入ることで、職場で働いている人たちが活気づき、やる気に満ち溢れるという点が、大きな利点と言えるでしょう。
活気が溢れた結果、業務成績向上に繋がることも少なくありませんので、積極的にインターンを行っている企業は少なくありません。

このように、インターンシップを行うことで、企業側にもメリットがあることが、近年インターンシップが増加している理由として考えられています。

インターンシップを積極的に参加するとメリットがある

インターンシップに積極的に参加をすると、節操がないと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
いち早くビジネスの空気に触れて、興味のある業種を体験し、現実的に考えることが出来る点が、大きなメリットと言えるでしょう。

ビジネスの場面において、現場に一日でも早く出ているかどうかという点は、大きな利点になります。
学生気分を一新して気を引き締めるためにも、インターンシップは効果的であると言えるでしょう。