就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. インターンシップにおける事前準備
ファイル

インターンシップにおける事前準備

インターンシップの際には身だしなみをビジネスモードに切り替えて!

インターンシップとして見事合格をしたあなた。
インターンシップとして働くことが出来ると、胸を躍らせている方も多いかと思います。

ですが、本番はこれからです。
インターンシップで大きな失敗をしてしまったら、間違いなく、就活の際に採用はされないですので、気を引き締めて向かいましょう。

まず大切なのが、身だしなみに関してです。
服装をはじめ、髪型、メイクなど、身だしなみをビジネスライクに切り替える必要がありますので、事前に準備を行いましょう。

スーツで参加をするのであれば、シャツはしわのかかっていない、スーツにはホコリのついていないような状態に整えてください。
ペットを飼っているという方は特に、ペットの毛が気が付かないうちについていることが多いので、入念に、コロコロなどを使って取り除きましょう。
持ち歩きタイプのハンディブラシもおすすめです。

スーツではなく、私服で参加をしないといけない場合。
企業によっても異なりますが、オフィスカジュアルでの参加が望ましいため、オフィスカジュアルファッションを揃えましょう。

ジャケットにパンツスタイル、清楚系のワンピースにジャケット、ブラウスにひざ丈スカートなど、大人なファッションを心がけてください。
露出が多い服装、清潔感が無い服装、ジーンズやサイズが合っていない、似合っていない服装はNGです。
私服のセンスをチェックしている企業も少なくありませんので、事前準備の段階で、オフィスカジュアルを徹底的に勉強して向かいましょう。

また女性の場合、メイクなナチュラルメイクが基本です。
こちらも企業によって異なりますが、派手なメイクやギャルメイクは、一般企業では受け入れられませんので、トーンダウンをしてください。
すっぴんは逆に失礼になりますので、健康的に見えるメイク、あくまで自然なメイクを心がけましょう。

靴の汚れなどもとても目立ちますので、しっかりと磨き上げることが大切です。

忘れ物は致命的、必ず前日までに入念に確認を

インターンシップでは必要になるものがいくつかあります。
その為、忘れ物をしてしまわないように、必ず事前に準備を行いましょう。

まずは、ノートや筆記用具などです。
メモを取る際にケータイで取ることがNGな企業は多いため、必ず持ち歩きましょう。
キャラクター物や派手なものはオフィスにふさわしくありませんので、注意が必要です。

次に、財布やケータイ、身分証明書や生徒手帳、印鑑などの貴重品です。
これらを忘れてしまうと、インターンシップに参加させてもらえなくなる場合や、そもそも場所までたどり着けなくなりますので、絶対に忘れないようにしましょう。

そして、時計やストッキング、洋服ブラシや化粧ポーチ、手鏡など、身だしなみに関連しているアイテムです。
身だしなみをチェックすることが出来るアイテム、身だしなみに必須アイテムは必ず持ち歩き、ストッキングは予備として持ち歩きましょう。

このように、必要になる荷物はいくつかありますので、ビジネスバッグは大きめの、邪魔にならない程度のサイズを選んでください。
バッグもカジュアルすぎるとNGですので、十分注意をしましょう。