就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. インターンシップに参加した際のお礼状の書き方ポイント
便箋

インターンシップに参加した際のお礼状の書き方ポイント

お礼メールは必ず翌日に送りましょう

インターンシップのお礼メールを送る際には、必ず日を開けずに、翌日に送ってください。
当日送っても早すぎますが、何日も開いてしまうと、今更何を言っているんだと思われてしまい、悪影響を及ぼす可能性があります。
翌日に送ることが出来ないようであればいっそ、送らない方が潔いので、送ることを辞めておきましょう。

お礼メールを送る際には、インターンシップを通してどんなことを学ぶことが出来たのか、どういう経験が出来たのかを具体的に書きましょう。
企業側も具体的に書いてもらった方が嬉しく、その人に対して好印象を持ちます。
将来的のその企業に入りたいと考えている場合は特に、とにかく自分を売っておくことが大切ですので、こうしたメールがポイントとなるでしょう。

誰宛のメールなのかをしっかりと決める

メールを送る際には、誰に向けたメールなのかを、決めてしまうことが大切です。
株式会社○○各位という書き方もありますが、出来れば、株式会社○○人事部○○様という、名指しでメールを送った方が良いでしょう。
名指しをする際には、インターンシップの担当となっている方にメールを送るようにしてください。

その人と面識なくインターンシップが終わってしまった場合。
直接ご挨拶出来ずに申し訳ありませんと一文添えることも大切です。
直接やり取りが無い分、こう言った一文を書き加えることで、相手側の印象が良くなりやすいでしょう。

お礼メールを送る際には、このようなちょっとした一文が、メールの印象を左右します。
メールが苦手という方は、送る前に、ビジネスマンとして働いている人、教師や親御さんに、アドバイスを求めると良いでしょう。

お礼メールを送るかどうかで企業の印象が決まる

インターンシップに限ったことではなく、わざわざお礼メールを送ることで、相手側はあなたに対して、好印象を受けると言えるでしょう。
お礼メールを面倒くさがって送らない、ついつい忘れてしまって送り損ねるという方もいますが、そうなってしまうと非常に勿体ないのです。

競争率が高い企業によっては、お礼メールを送ってくるか来ないかで、インターン生のマナーを測っていると言われています。
マナーがある人であれば、当然、就活で面接をした際にも、優位に立つことが出来るでしょう。

たかがインターンシップと馬鹿にしていると、その企業の面接を受けた際に、しっぺ返しを食らってしまう可能性があります。
業界は以外と狭いですので、悪評が流れてしまうことも少なくありません。
その企業に興味があってもなくても、お礼メールをしっかりと送ることが大切です。