就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 自己分析のやり方とは
自己分析のやりかたとは

自己分析のやり方とは

自己分析とは何か?

自己分析とは、自分がどういう人間なのか、特技や長所、短所や苦手なことは何かなど、自分という人間を分析することを指します。
就職活動や転職活動の際には、自分という人間がどういう人間なのかを、企業側にアピールする必要があるため、このような自己分析の時間が必要なのです。
自己分析をする際には、とにかく自分という人間がどんな人間なのかを、しっかりと把握し、時間をかけて見つめなおす必要があるでしょう。

例えばわかりやすい部分で言えば、資格や免許を持っていれば、その部分を中心に突き詰めて考えて、アピールすることが可能です。
努力家で粘り強いのであれば、なぜそう思ったのか、具体的なエピソードを交えて、相手に話す必要があるでしょう。
短所の部分を克服するために、こういったことをしているという、具体的な部分を話すことも大切です。

このように、時間をかけて自己分析を行い、面接の際に対応することが出来る、自分という人間を見つめ直す機会を、積極的に設けましょう。

自己分析を正しくできるかどうかが鍵

自己分析をする際に気を付けないといけないのは、正しい自己分析をしないと、意味がないという点です。
自分の理想的人間像を作り上げて、その理想像と自分を混同してしまうと、正しい自己分析が出来ません。
少し突っ込まれただけで、すぐに人間性が崩れてしまうでしょう。

理想的な人間像は誰しもありますが、現実をしっかりと見つめて、本当に自分がそんな人間なのかを考える必要があります。
理想を一度捨てて、しっかりと自分を見つめなおすことも大切です。
理想的な人間より、よっぽど魅力的な人間像が、あなたの中に眠っている可能性も高いでしょう。

自己分析を間違った方向でしてしまうと、企業側に信頼されにくく、人間性がよくわからない人と判断されてしまいがちです。
そうならないためにも、十分時間をかけて、何度も自分を見つめなおしていきましょう。

自己分析は自分一人では難しい?

自分で自分のことを見つめなおす、というのは、実は意外と難しいものです。
自分のことがよくわからないと考えている方も少なくないでしょう。
そんな時に頼れるのは、周りの人間です。

自分のことを良く知っている友人やバイト先の人、親御さんや教師に、自分はどんな人間かを尋ねてみてください。
自分がどういう人間かを一番知っているのは自分と思いがちですが、外側から見ている人間の方が、詳しく知っている可能性が高いでしょう。

長所や短所などを具体的にあげてもらうことで、自己分析がはかどりますが、反面、色んな意見が出てしまい、困惑する場合もあります。
いくつか意見をピックアップして、自分でも納得できるような自己分析をしてみると良いでしょう。