就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 細胞検査士の仕事

細胞検査士の仕事

がん細胞を見つける番人

細胞検査士とは、がん細胞を見つけ出すのが仕事です。
人間にはおよそ60兆個の細胞があり、それらが一定の秩序を守って働いています。
しかし、細胞の中には秩序を乱して自分勝手に働き、体に害を及ぼすがん細胞もあます。

がんの診断を行うときに、医師が採取した細胞を顕微鏡で観察し、がん細胞をいち早く見つけ出すのが細胞検査士の役割なのです。
細胞を顕微鏡で見ると、数多くの細胞が映し出されます。
このなかにがん細胞や、異常な振る舞いをする細胞がないかを観察し、それらを見つけ出すのが仕事です。

正常な細胞ばかりの場合は、異常なしとして報告しますが、がん細胞や異常のある細胞が見つかった場合は、その位置に印をつけて、細胞診断を専門に行う細胞診専門医に報告し、顕微鏡で確認してもらいます。
そして、細胞診専門医が最終的な診断報告書を作成して担当医に知らせるのです。

細胞検査士はがん専門病院や公立病院、大学病院、総合病院などの医療機関のほか、大学などの研究施設、製薬会社などで活躍しています。

臨床検査技師の上位資格

細胞検査士になるためには、細胞検査士資格認定試験に合格して資格を取得しなければいけません。
しかしこの試験の受験条件が、臨床検査技師または衛生検査技師の資格があることですから、まずはこれらの資格を得るための勉強をして国家試験を受け、資格を取得する必要があります。
ただ、現在は衛生検査技師の養成は行われていないので、臨床検査技師になることを目指します。

そして、臨床検査技師として1年以上の実務経験を積んだら、細胞検査士資格認定試験を受験できます。

また、細胞検査士の養成コースがある専門学校、短期大学、大学で必要なカリキュラムを履修し、国家試験を受ける方法もあります。
しかし細胞検査士として働くなら、ほとんどの場合、臨床検査技師の資格が必要といえるでしょう。

集中力と責任感が求められる細胞検査士

細胞検査士は朝から晩まで、顕微鏡を覗き込んで細胞観察し、がん細胞を探さなければいけません。
このような作業をスクリーニングといいます。
ですから優れた観察力、少しの異変でも見落とさない集中力と注意深さ、強い責任感が必要です。

また、顕微鏡にセットするために薄くスライスした硝子板に組織を塗りつけ、染色液
を塗るなど、細かな作業を行わなければいけません。
緻密ささが求められます。
細かな作業ですし、見落としやミスがあると患者さんの命に関わります。
医療に関わるスタッフとして、そしてがんの番人として使命感を持っている人がこの仕事に向いています。

染色方法など検査の方法によって、がん細胞の見え方も異なりますから、どのような方法で標本を作製するのかを考えたり、工夫したりするのも細胞検査士の仕事です。
常に新しい知識を仕入れ、研究を怠らない探究心も求められます。