就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 児童支援員の仕事
子どもたち

児童支援員の仕事

児童指導員とは児童支援施設で働くための任用資格です。
今回は児童指導員の仕事内容や資格取得方法について解説します。

児童指導員の仕事内容

知的障がいや身体障がいを持った子どもたちが年齢や能力に応じて生活が送れる環境を作ります。
保育士や児童相談所、学校などと連携して、施設を出たあと家庭や社会に適応できるように生活習慣を身につけさせます。

必要資格・取得方法

児童指導員という資格は、その職に就いて名乗ることができる任用資格です。働く施設は公的機関となりますので、採用試験に合格しなければならず、任用資格は児童支援員として働くことで名乗れる資格となります。
支援員として働くための任用試験があります。いずれかの資格条件を満たさなければいけません。

大学・大学院で取得する

大学で社会福祉学や心理学、教育学などを専修する学科、過程を修めたと卒業したこと。
または地方厚生局長の指定する養成施設か学校を卒業した場合も任用資格を取得できます。

実務経験で取得する

高校を卒業し2年以上児童施設福祉事業に従事すれば任用資格が取得できます。
または3年以上児童福祉施設に従事しているか教員免許を持っている場合、都道府県知事または厚生労働大臣が認めたら任用資格が得られます。
そのほかに社会福祉士、精神保健福祉士のいずれかの有資格者も資格要件を持っています。

児童指導員の活躍の場

児童指導員の配置が求められるのは以下の事業所です。
どちらも障がいを持った児童またはその家族に対し支援する点は共通しています。

  • 児童発達支援事業
  • 児童発達支援センター
  • 放課後等デイサービス

児童発達支援センター、児童発達支援事業は小学校入学前の児童が対象で、放課後等デイサービスは在学中の児童が対象です。
施設の規模や内容により、夜勤を含むシフト勤務や住み込みでの勤務などがあるため、かなりハードな仕事となります。
児童指導員は先生として、親代わりとして入所している子どもたちに社会で活動できるよう生活習慣を身につけさせる責任があります。
同じような職業に保育士がありますが、児童支援員との違いは対象の子どもたちの年齢です。保育園で働く保育士は0~6歳の乳幼児が対象になりますが、児童指導員の場合、対象年齢の幅が広く放課後等デイサービスだと6~18歳の子どもたちが対象となります。

子どもにかかわる仕事をしたいという方に、おすすめです。
保育士や幼稚園教諭とともに、児童支援員も選択肢の一つとして入れてくれれば幸いです。