就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 臨床検査技師の仕事

臨床検査技師の仕事

血液や細胞を検査する臨床検査技師

臨床検査技師とは、医師が診療で患者さんの症状を調べるときに、医師の指示に従って必要な検査を行うのが仕事です。
患者さんの血液や細胞などを検査し、その結果によって医師がどのような状況か判断します。
治療を行う上で重要なデータとなりますから、責任重大といえます。

また、患者さんに自覚症状がないのに、検査結果で病気が早期発見されることもあり、早期発見早期治療で少ない治療で病気の改善に貢献することもあります。
このため臨床検査技師は、ただ単に検体を調べるのではなく、検査結果から何らかの異変や病気の兆候を見逃さない、病気の門番の役割も担っているのです。

検査では機械を使うものもありますが、人の目や手を使って判断するものもあり、技術の高さが求められます。
経験を積むことで、より正確に検査を進められるようになります。
努力次第で自分の成長を実感できので、やりがいのある職業といえます。

臨床検査技師は国家資格

臨床検査技師になるためには、国家試験を受けて合格しなければいけません。
臨床検査技師の国家試験は、臨床検査技師を養成する3年制または4年制の専門学校、臨床検査関連のカリキュラムがある3年制の短期大学および大学を卒業しなければ受けることはできません。

大学の医学部など医療関連の学部でも臨床検査技師の国家試験受験に必要なカリキュラムがありますが、医学部の卒業生などの合格率は低いのが現状です。
臨床検査技師を目指すなら、国家試験合格を目的としている専門学校で学ぶ方が確実といえるでしょう。

さらなるスキルアップを目指すなら、今以上に高度で詳細な検査に携われる2級臨床検査技師、1級臨床検査技師の資格をおすすめします。
この試験はとても難しく、合格率が低いのですが、その分取得すれば大きくステップアップできます。
そして超音波検査士や細胞検査士といった資格も取得すれば、より幅広いフィールドで活躍できるようになるでしょう。

スキルアップをするためには、臨床検査技師の国家資格取得後も、勉強を続けなければいけません。
日々の仕事と勉強の両立はハードですが、頑張れば頑張るだけ自分の成長が感じられる仕事です。
臨床検査のスペシャリストを目指して、努力を続けられる向上心のある人が、この仕事に向いているといえます。
医療の世界は常に進化しており、臨床検査の分野も例外ではありません。
新しい知識を積極的に取り入れながら、自分の技術や知識を伸ばそうとできる人が向いています。

また、検査結果によって患者さんの今後の治療方針が決まるのですから、ミスは許されません。
自分の検査によって患者さんをサポートするのだ!患者さんの役に立つのだ!という、強い責任感も必要です。