就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 治験コーディネーターの仕事

治験コーディネーターの仕事

新薬開発のための治験をコーディネート

製薬会社が開発した薬を実際に流通させるためには、さまざまな試験を行って副作用などの安全性を確認しなければいけません。
最初のうちはマウスなどの動物で試験が行われるのですが、動物実験で安全確認ができたら、次に人間を使った試験が行われます。
これを治験といいます。

治験コーディネーターは、この治験を円滑に行うための調整役で、CRC(Clinical Research Coordinato)とも呼ばれます。

治験コーディネータの業務内容は、実施される治験内容や医療機関によって異なりますが、主に次のような業務が行われます。
まず、治験開始前の業務です。
治験をどのように進めていくのか、プランを作成します。
このほか参加する被験者さんの症例を管理するための資料作成し、治験に関連する各部門との連絡や調整を行います。

また、被験者さんへのさまざまな対応も行います。
治験を実施する前に、治験についてて説明し同意を得ること、被験者が今回の治験にふさわしい常態なのか適格性の確認、被験者の相談窓口などの設置します。

治験中も被験者さんが正しく薬を服用しているかを確認したり、医師の検査に立ち会ったりと、きめ細かな対応を行っていきます。

また、治験担当医師の書類作成のアシスタントなど、医師への対応も治験コーディネーターの仕事です。
医師が作成した検査データなどのチェックや、医師が判断しなくても記載できる書類の作成などを行って、医師の負担を軽くします。

治験終了後も報告書のフィードバックや薬品メーカーの監査など、さまざまな業務が待っています。
治験の準備段階から、終了後の手続きまで、数多くの作業にかかわるのが治験コーディネーターなのです。

医療系の資格があれば有利

治験コーディネーターになるための特別な資格はありません。
しかし医療系資格があれば、採用時に有利になります。
このため看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格所有者が、治験コーディネーターとして活躍している例も多いのです。

治験コーディネーターに求められるスキルは、何よりもコミュニケーション能力です。
治験コーディネーターは医師や看護師、薬剤師、被験者さん、薬品メーカーの担当者など、日々さまざまな人と接します。
また、みんなで協力していかなければ治験をスムーズに進めることはできません。
開発中の薬を飲むことに不安を感じる被験者さんも多いですから、心理的な負担を和らげるためのサポートも治験コーディネーターの重要な仕事となります。
治験コーディネーターは治験に参加する、それぞれの人の橋渡し役です。
このため、優れたコミュニケーション能力が求められます。

また、医学や薬学の知識だけでなく、治験を行う上で必要な法律の知識や、しっかりとした倫理観を持っていることも非常に重要です。