就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 歯科助手の仕事

歯科助手の仕事

歯科医院でアシスタントとして活躍する歯科助手

歯科助手は歯科医院で、さまざまなアシスタント業務を行うのが仕事です。
歯科衛生士と異なり、特別な資格は不要です。
資格がありませんから、患者さんの歯にふれるなどの行為はできません。
このため、主に次のような業務を担当するのが一般的です。

まず、受付業務です。
患者さんが来院したときの応対、電話予約や問い合わせの応対、ツキの診療の予約業務、会計業務など、患者さんの来院とお会計時の対応を行います。
カルテの整理、事務用品などの買い出し、掃除、待合室の整理整頓なども行います。

歯科医師のアシスタントも行います。
といっても、難しい作業ではありません。
治療で使われる器具の準備や受け渡し、患者さんを治療席に案内する、前掛けをかけるなどのサポートを行います。
医師が治療する横で、患者さんが唾液が溜まってつらくならないよう、唾液や歯などの削りカスを吸い取るバキューム作業も行います。

また、入れ歯の歯型を取るときに必要な粘土状の材料や、歯に詰め物をするときに使用するセメントを練る作業、歯の模型を作るときの石膏注ぎの作業などを行うケースも少なくありません。
これらの作業も慣れるまでは加減がわからず、医師に何度もやり直しを命じられることもあります。

一口に歯科助手といっても、実にさまざま仕事をこなします。
雑用も多いですから、就職先を決めるときには、具体的にどのような仕事を行うのか確認することをおすすめします。

歯科助手は女性におすすめの仕事

歯科助手として働くための資格は特にありません。
医療系の就職先のなかでも、歯科助手は就職しやすい仕事といえるでしょう。
特に女性が歯科助手を務める病院が大半です。
未経験可でも採用している歯科医院も多いですから、就職をして実務経験を積みながら仕事を覚えていくことができます。

歯科助手として働く場合の主な方法をみていきましょう。
まず、高校卒業に就職活動をして歯科医院に採用される方法があります。

また、専門学校や短大、大学を卒業してから就職する方法もあります。
歯科業界で働くことを希望するなら、歯科衛生士を養成する専門学校が短大で学び、国家資格を取得して歯科衛生士として働くのもおすすめです。
また、歯科衛生士の国家資格を取得しなくても、歯科助手認定資格などの民間資格を取得しておくと、採用面で有利になります。

歯科助手は受付などで患者さんと接する機会が多いですから、歯科医院の顔として活躍することになります。
誰もが心地よく通院できるように、笑顔を忘れずに接するスキルが求められます。

また、歯科医師のアシスタント業務をこなすこともおおいため、医師が望むことを察して素早く行動する判断力も必要です。