就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 歯科医師の仕事

歯科医師の仕事

口の中の健康を守る歯科医師

歯科医院で働く歯科医師は、患者さんのお口の健康を守る頼もしい存在です。
歯や歯周病の予防と治療を中心に、歯や歯茎の病気の治療、義歯や入れ歯の作成などを行います。
予防では歯ブラシ方法の指導、歯石の除去などが行われます。
幼稚園や学校に出向いて歯ブラシの指導や、歯の定期検診を行う医師も少なくありません。

治療ではむし歯の治療や、詰め物や冠、差し歯などの作成、抜歯、口の中の腫瘍の治療など、お口に関する治療全般を担当します。
また、近年ではのホワイトニングや歯並びの矯正に力を入れたり、顎骨に埋め込む人工歯根のインプラントを行う医師も増えてきました。

これらの仕事は歯科医院で働く歯科医師の仕事で、多くが開業医として働いています。
開業についてわからないことがある場合は、まずは開業コラムを読んだりして、情報収集を行いましょう。

開業医は専門知識や技術はもちろんのこと、病院を経営していくためのマネジメントスキルも重要です。
スタッフの教育、どの分野を売りにするのか、医療機器の購入方法や資金繰りなど、経営に関する能力が不可欠となります。

また、総合病院や大学病院など大きな病院で働く歯科医師は、舌癌などの疾患や口唇口蓋裂などの大掛かりな手術も手がけます。
このほかにも、直接患者さんの治療をするのではなく、口腔内の組織を調べる口腔病理専門医として働く歯科医師もいます。

歯科医院や大病院以外で活躍する医師も少なくありません。
大学や研究所で研究する研究医、画像診断センターでレントゲンを専門に行う医師、歯科麻酔を専門に行う医師、厚生労働省の技官、製薬会社や化粧品メーカーに勤務する会社員など、さまざまな現場で働いています。

歯科医師の国家資格取得後、1年の研修が必要

歯科医師になるためには、歯科大学または大学の歯学部で6年間学び、歯科医師の国家試験を取得し、その後1年以上の期間、研修医として臨床訓練を受ける必要があります。

歯科医師に必要なスキルとして、手先が器用であることが挙げられます。
口の中はとても狭く、細かな作業が多いので、手先が器用でないと適切な治療が行なえません。
歯科医師は技術の良し悪しで収入が決まるといっても過言ではありません。
常に医療技術を高める努力ができる、真面目さも必要です。

歯科医師は子どもからお年寄りまで、さまざまな年代の患者さんと接します。
特に子どもは歯の治療を怖がることも多いですから、患者さんから慕われる人柄が求められます。
丁寧に説明し、患者さん一人ひとりの立場に立って、親身な治療を行って信頼される歯科医師を目指しましょう。
また、歯科医院では歯科医師の指導の元、歯科衛生士や歯科助手とともに治療を進めていきます。
患者さんはもちろんのこと、スタッフとも良好なコミュニケーションが取れる能力も不可欠です。