就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 薬剤師の仕事

薬剤師の仕事

薬剤師は薬のスペシャリスト

薬剤師は、お薬のスペシャリストです。
薬局や病院で医師の処方箋通りに薬を作り、薬についての説明を行います。
また医師が処方した薬が、患者さんにとって安全かどうかの確認を行うのも薬剤師の仕事です。

医師の処方による薬以外にも、市販の一般薬の販売や、薬を選ぶ際のアドバイスなども行います。

薬剤師の主な職場は薬局と病院です。
薬局では処方箋による薬の調剤、一般市販薬などの販売、薬についての説明やアドバイスなどを行います。
また最近は、さまざまな商品を扱うドラッグストアで働く薬剤師も増えています。
このような仕事は接客業ですから、薬の知識だけでなく、接客スキルや商品管理スキルなども求められます。

病院で勤務する薬剤師は、入院患者さんが服用する内服薬の調剤ほか、注射薬や点滴液の管理など、病院で使われるさまざまな薬に対応します。
患者さんに対して、薬の正しい飲み方の指導なども行います。
このほかにも血液中の薬成分の濃度を測定して、患者さんに最適な薬の量や投与方法を決めるための薬物治療モニタリング、薬の副作用の改善など、さまざまな対応を行います。

製薬会社に勤務して、新薬の研究・開発や薬に関する情報収集、医療機関への自社製品の情報提供などを行う薬剤師もいます。
このほかにも国や地方自治体などで公務員として働く薬剤師、薬の卸売販売会社、学校などで働く薬剤師など、さまざまな場所で活躍しています。
研究・開発職の案件例:医薬品開発などの製薬業界での派遣求人サイト│Chall-edge

幅広い専門知識が必要

薬剤師は国家資格です。
大学の薬学部で6年間学び、薬剤師国家試験に合格すると薬剤師の国家資格を取得できます。
大学では薬剤についての知識だけでなく、物理や化学、生物、病気と薬物治療法、法律、倫理学など幅広い知識を学びます。
学ぶ範囲化が広い上に、専門性も高いですから、かなり勉強しなければいけません。

正しく調剤するための注意力と集中力が必要

薬剤師に求められるスキルには、どのようなものがあるのでしょうか。
まず、注意力と集中力です。
薬は人体に用いるもので、調合などにミスがあれば、患者さんの体に悪い影響を及ぼします。
ですから、どんなに忙しくても、処方箋に基づいて正しく調剤できる注意力と集中力が大切です。

薬学に対する探究心も求められます。
薬剤師の資格取得までの勉強もハードですが、念願の薬剤師になってからも勉強は続きます。
現在の自分に満足して立ち止まることなく、常に次のステップを目指して勉強し続けることができる探究心も薬剤師の重要なスキルなのです。

また患者さんなどに薬について説明することも多いですから、薬について知らない一般の人にわかりやすく説明するスキルも必要です。
特にお年寄りは一度に何種類もの薬を服用する人が多いので、お年寄りでも薬管理について理解できるよう、かみ砕いて説明しなければいけません。