就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 保健師の仕事

保健師の仕事

人々の健康をサポートする保健師

保健師は、人々が健康に過ごせるようさまざまなサポートをするのが仕事です。
看護師の資格を持つ人がなれる仕事ですが、看護師は病気やケガをしている患者さんのお世話をするのが主な役割です。
しかし保健師は、病気などにならないよう予防活動を行ったり、健康増進に役立つアドバイスを行ったりして、元気な人にもアプローチします。

人々に健康診断を受けてもらって、病気の早期発見に努めたり、今は健康でも将来的に病気になるリスクが高い人に対して、食事などの生活指導を行って病気を予防したりするのが主な仕事です。

このほかにも予防注射や健康相談、健康に関する啓発活動、乳幼児の定期検診、乳幼児の母親へのアドバイスなど、さまざまな活動を行っています。

保健師は活躍する場所によって行政保健師、学校保健師、産業保健師の3つに分けることができます。
行政保健師とは、地方自治体の保健所などで働く公務員です。
学校保健師は学校で、生徒や職員の健康維持、病気予防、衛生管理などを行います。
産業保健師は企業に努めて、その企業の従業員の健康管理を行います。

まずは看護師資格を

保健師は幅広い年代の、さまざまな人の健康をサポートするのが仕事ですから、健康や病気予防などに関する知識が必要です。

このため保健師として働くためには、まず看護師の国家資格を取得し、それから保健師の国家資格を取得する必要があります。
つまり保健師は看護師としても活躍できる上に、さらに健康に関する知識を証明するための保健師資格を取らなければいけないのです。

このほか、高齢化の進展に伴い、高齢者介護施設からの需要も増えています。
また、看護師と保健師のダブル資格を生かして、病院で活躍する看護師も少なくありません。

人々の健康意識は年々高まっており、いつまでも元気に過ごしたいと考える人が増えています。
そこで重要になるのが予防医学です。
少子高齢化が進み、限られた国家予算のなかから健康保険費用を捻出するのも年々困難になってきました。
政府も予防医学の観点から人々の健康を増進し、病気にならない生活習慣を身につけることや、健康診断の重要性などを強調しています。
このような国民一人ひとりの健康増進や病気予防のさまざまなアドバイスが行えるのが、保健師です。
保健師の需要は、今後ますます高まっていくと考えられます。

誰とでも話せるコミュニケーションスキルが必須

保健師はさまざまな人と接しますから、子どもからお年寄りまで、どんな人でも気持ちよく対応できるコミュニケーション能力が必要となります。
検診にきていた赤ちゃんが小学校に通うようになった、成人になって健康診断を受けに来るなど、人々の一生を通じて健康にかかわれる仕事でもあります。

みんなの元気が少しでも長く続くようサポートする保健師の仕事は、地域や職場などの人々にかかわれる、やりがいのある仕事です。