就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 獣医師の仕事

獣医師の仕事

動物のお医者さん

獣医師とは、一口にいうと動物のお医者さんです。
病気やケガで苦しむ動物の診療や治療を行ったり、健康管理を行います。
獣医師というと、犬や猫などペットの治療を行う動物病院で働く先生というイメージが強いのではないでしょうか。
しかし一口に獣医師といっても、活躍するフィールドはさまざまです。

最も多いのは、個人の動物診療所で働く獣医師です。
このような獣医師を、臨床獣医師といいます。
犬や猫、ウサギ、ハムスターなど、小動物のペットに関わります。
獣医師を希望する人の半数以上が、ペットの臨床獣医師を目指しているといっていいでしょう。
犬専門、猫専門と動物病院もありますが、一般的な動物病院では猫も犬もウサギもフェレットもハムスターも……と、さまざまな動物の診療を行います。
犬や猫でも、たくさんの種類がありますから、すべての特徴を把握してどのようなペットにでも対応できるようになるためには、最低でも2年はかかるといわれています。

ペットではなく、競走馬の医師もいます。
畜産業で飼育されている牛や豚、馬、鶏などの病気の予防や診療を行う医師もいます。
動物園や水族館で暮らす動物たちの、健康管理や診療を行う医師もいます。
このような現場では、大きな動物も相手にしなければいけません。
診療だけでなく病気予防から出産のケア、体調の管理など、応急処置などさまざまな対応をする必要があります。

また、これら人間に飼育されている動物ではなく、野生動物の保護や健康管理を行う医師もいます。

獣医師はこのように、直接動物の治療などを行う人ばかりではありません。
国家公務員や地方公務員として活躍している獣医師も少なくありません。

国家公務員として働く獣医師は、厚生労働省や農林水産省に所属し、海外から輸入されてくる食品や動物などに毒物や病原菌が含まれていないかを検査しています。
BSEや口蹄疫などの感染は大きなニュースになりましたが、海外から病原菌などが入ってくると被害が拡大しやすいので、検査作業は重要な仕事です。
このような仕事では、動物医療の知識だけでなく、検査に関する知識も求められます。

地方公務員として働く獣医師も、主に検査を行っています。
家畜の病気の予防などを目的とした食肉衛生検査などを行って、消費者が安心して食べられる食肉の提供を確保すると同時に、畜産農家をサポートしています。

動物好きだけでは務まらないハードな仕事

獣医師になるためには、獣医学部や獣医学科などがある大学で6年間学び、国家試験に合格して、獣医師の国家資格を取得しなければいけません。
獣医師系の大学は少なく、入試段階から難関となっています。

動物が好きで獣医師に憧れる人は多いのですが、大型動物の診療をすることもあります。
また、動物病院ではひっきりなしにペットがやってきますし、急患が入ることもあり、長時間労働を強いられることもあります。
肉体的にもハードな仕事であることを覚悟しておきましょう。