就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 視能訓練士の仕事

視能訓練士の仕事

目の検査や訓練を行う視能訓練士

視能訓練士は、目の検査や目の機能矯正訓練の専門家です。
主な仕事内容をみていきましょう。

まず、目の検査業務があります。
近視や遠視、乱視などの視力検査、白内障や緑内障など眼の疾患に関する検査、眼鏡やコンタクトレンズ装着のための視力検査など、眼科で行われる視機能検査を担当します。
目の検査ではさまざまな機械を使って、各種検査が行われます。
主な検査では、昔ながらの片目を隠してマークの開いている方向を伝える視力検査。
こののほか、眼圧検査や屈折検査、視野検査、超音波検査、電気生理検査、角膜形状検査など、多岐にわたる検査が行われています。

眼科の検査で使われる機械は、カメラなどを使うものもあり、年々進化しています。
患者さんの姿勢などによって、同じ検査を繰り返しても結果が異なることもあり、機械の扱い方も難しくなっています。
職場で使われる検査機器の特性を把握して、正しく操作を行う技術が必要です。

斜視や弱視などの患者さんに訓練指導を行う視能矯正も、視能訓練士の重要な仕事です。
斜視や弱視の患者さんをそのまま放っておくと、目の機能が衰えてしまいます。
その結果、正常な視力が得られなくなり、手術が必要になることもあるのです。
このため眼科医の指導の元、訓練プログラムを作って、目の機能の回復をサポートします。
特に子どもの場合、この訓練を行うことによって機能が回復することが多いので、視野訓練士は重要な役割を担っています。

また、高齢や生活習慣病などが原因で、目の機能が衰えている人に対して、機能低下が進む前にロービジョンケアを行って、眼鏡など必要な補助具を選び、使い方の指導を行うのも視野訓練士の仕事です。

このほか3歳児健康診査や学校での健康診査、生活習慣病検診などで集団検診を行い、眼の疾患の早期発見・早期治療に貢献しています。

正確さと根気が必要な視能訓練士

視能訓練士として働くためには、国家資格を取得しなければいけません。
視野訓練士の国家試験の受験資格は、主に次のようなものです。
最も一般的なのが、視能訓練士養成学校で3年以上学ぶ方法です。

また、短大、大学、医療または保育系専門学校で指定されたカリキュラムを修了し、視能訓練士養成学校で1年以上の学ぶ方法もあります。

このほか、外国の視能訓練士の学校を卒業した場合でも、厚生労働大臣の認定が受けられれば、国家試験を受けることができます。

視野訓練士に求められるスキルは正確さと根気です。
検査の結果によって医師が患者さんの目の状態を判断し、その後の治療方針を決めていきます。
ですから、検査結果がいい加減であることは許されません。
どのような検査であっても、正確に効率よく行うスキルが必要です。

目の矯正訓練を行う際には、根気が求められます。
矯正訓練の成果は、一朝一夕には現れません。
患者さんを励ましながら、根気よく訓練を続けていける人が歯科矯正しに向いているといえるでしょう。