就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 圧迫面接とは?乗り切り方は?
腕組み

圧迫面接とは?乗り切り方は?

圧迫面接ってどんな面接?

圧迫面接とはその名の通り、まるで圧力をかけるかのように、必要以上にプレッシャーをかけて面接をするタイプの面接です。
人間性を否定したり、少しでもおかしいと感じることをネチネチと攻め立てるなど、精神的にストレスがかかることを、あえて面接官がしてくる面接のことを指します。

なぜこのような面接をするのかというと、一番大きな理由は、その人の本当の姿を見たいから、その人の対応力を見たいからということがあげられます。
圧迫面接は、面接官が面接者に対して、とにかく緊張を与えます。
ビジネスの場面においてそのようなことは多く、そうした面接に耐えられるのかどうかを判断するために、合えてそういった面接方法を取り入れている企業も多いのです。

危機的状況の中でこそ、その人の真の対応力を見ることが出来ると、面接者が多い大手企業などでも、多く行われています。

圧迫面接をクリアするとほぼ確実に合格する

圧迫面接はこのように、目的が目的なだけありますので、無事にクリアすることが出来れば、ほぼ間違いなく合格することが出来ます。
逆質問をされたときに、面接官の人間性をとことん否定して帰ってきた面接者に、合格通知が届いたという衝撃的な状況も、珍しくないのです。

圧迫面接をされていると分かったら、自分の実力を試されていると、スイッチを切り替えることが大切です。
対応方法は人によって異なりますが、事前準備をしておけば、詳しく色々と聞かれても、言葉で対応することが出来るでしょう。

企業によっては、あなたの人間性を否定するような発言をしてくる場合もありますので、笑顔でスルーするか、嫌味をオブラートに包んでいうかくらいしてしまっても良いでしょう。

圧迫面接で重要視されているのはとにかく、その人の対応力です。
ただ我慢をし続けて、泣くまで追い詰められてしまっては、自分も辛いですし相手も辛いだけですので、多少は強い気持ちで臨まないといけないでしょう。

圧迫面接をされて落ちたところで、世の中には数多くの企業がありますので、そこに固執することはありません。
落とされて当然ぐらいの覚悟で思うことを全部言って帰ってきてしまった方が、後腐れなく、次の企業面接に進むことが出来るでしょう。

圧迫面接をする企業に要注意

圧迫面接をして、面接者の対応能力や、面接者の真の姿を見たいと考えている企業は少なくありません。
ですが、企業によってはただのブラック企業で、人間性が最低の面接官が、憂さ晴らしに圧迫面接をしているだけの場合もあるでしょう。
そういった企業の場合は当然、上記のような対応をしても、面接に合格することはありません。

そんな企業にゴマを擦って入社した所で、就職後の先行きが心配です。
万が一不安なことがある場合は、圧迫面接に合格をしても、断ってしまうと良いでしょう。
圧迫面接を意味もなくしてくるような企業は、ブラック企業であることがほとんどですので、他の企業の就活をすることをおすすめします。