就活ガイドドットコム
  1. >
  2. >
  3. 面接に行く時の服装は?
スーツの男性

面接に行く時の服装は?

面接時の服装はスーツが基本

就活の際には、リクルートスーツを身にまとい、面接会場に向かう学生が多いものです。
その服装はいわば正装で、面接の際には必須アイテムと言えるでしょう。
ですが、着方を間違えてしまうと、面接で身だしなみを指摘されてしまう可能性がありますので、注意が必要です。
>>就活生のスーツの着こなし方(正しいリクルートスーツとは?)

例えば男性の場合。
スーツにネクタイがつきものですが、ネクタイの色があまりにも派手すぎたり、白黒で冠婚葬祭のようになってしまうと、場違いになります。
おとなしい色合いの、ネイビーやブルーで、光沢が出来るだけ少ないタイプのネクタイを選ぶようにしてください。

冠婚葬祭用の色合いになってしまわないように、ある程度は色を使わないといけません。
また、ネクタイピンは面接の際に着けていくのがマナー違反と考えている企業も多いため、出来るだけ避けた方が賢明でしょう。

女性の場合は、ストッキングの伝線に注意が必要です。
ストッキングの伝線は、思っているよりも非常に目立ちますので、必ず予備のストッキングを持参してください。
面接会場に入る前には必ずトイレに立ち寄り、身だしなみチェックをすると同時に、ストッキングの伝線も確認をしておきましょう。

男女ともに気を付けなければいけないのが、靴擦れです。
日頃履きなれていない革靴を長時間履くと、ほぼ確実に靴擦れを起こし、痛みで面接どころでは無くなってしまう可能性があります。

女性の場合は、スカートでストッキングですと、靴擦れをした血まみれのあとが明白ですので、心配されてしまう可能性もあるでしょう。
事前に履きなれておくか、会場の直前までは、履きなれている靴を履くという方法がおすすめです。

私服でお越しくださいの正解は?

面接の中には、私服でお越しくださいと書かれている場合もあります。
額面通りに受け取ってはいけないと、スーツで行ってしまうとアウトです。

わざわざ私服で来させるのは、その人がビジネスマンとして相応しいファッションを出来るかどうかを判断することが目的です。
それなのにスーツで来られてしまうと、読解力を指摘され、落とされてしまう可能性が高いでしょう。

ですが、本当に普段通りのカジュアルな私服で行ってはいけません。
こうした場にふさわしい私服とは、オフィスカジュアルのことを指します。

オフィスカジュアルは、ビジネスの場面でも問題ない私服のことで、ジャケットスタイルやスーツに近いスタイルなどをすることが正解です。
露出が多い服装、派手すぎる服装はNGで、落ち着いた綺麗めの服装をすることが必要になります。
オフィスカジュアルの基本は、私服だけれどもビジネスにピッタリの服装をすることですので、服装選びの参考にしてみてください。

清潔感のある綺麗な服装で行きましょう

スーツや私服でも、面接の際には、清潔感のある綺麗な服装を心がけることが大切です。
スーツにホコリはついていないかどうか、ペットの毛はついていないかどうか、シャツの襟は黒くなっていないかどうかなど、全体チェックを行ってください。
少しでも汚れていると、身だしなみがおろそかになっていると判断されてしまいがちです。

女性の場合は特に、ファンデーションがついて服が汚れてしまう可能性もありますので注意をしましょう。
日頃化粧をあまりないという方は特に注意をしないと、ついつい顔を手で触ってしまい、服に付着するということも少なくありません。